--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.09

講座の基礎知識

早速“コード奏法講座”へ!と行きたいところですが
“コード奏法講座”に入る前に基礎知識の確認だけしましょう♪

ここで見るのは、学校の音楽で習うことだけなのでサッと見て知っている方は飛ばしてもらってOKです。


まずは、楽譜の最初に付く記号です。
gfkey.jpg


コード奏法講座の最初でも出てくることですが
“ト音記号”の楽譜だけ読むことが出来れば大丈夫です。
ヘ音記号は、コード奏法をする上ではあるのを知っていれば十分!

ト音記号のドレミ一覧に関しては講座の1回目にやります。


次は音符と休符です。

length.jpg


音符は、音を鳴らす長さを表すもの
休符は、音の休みの長さを表すものです。
パッと見でイメージが湧かない場合は、どの音符が長いか短いかくらいを心に留めてもらえばOKです。
実際の音符の長さの感じは、下の図を見た方がわかりやすいと思います。


最後に、拍子と小節です。

rhythm.jpg


拍子の説明として、「4分の4拍子というのは、1小節の中に4分音符が4つ入ること」という言い方で説明されることも多いです。
また、この4分の4拍子のリズムの刻み方は「1,2,3,4」という感じです。

どんな感じなのか実感が湧かないという場合は
下から、上の楽譜を「1,2,3,4」とリズムを刻んで演奏した例も聴いてみてください。
上の楽譜の演奏を聴く

以上のことが一応わかったら“コード奏法講座”へいきましょう!
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://letschord.blog35.fc2.com/tb.php/15-de97bf7a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。