--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.09

いらっしゃいませ!

※このブログの趣旨をまだはっきりと書いていなかったので
今日(2005年12月1日)の時点で追記しますヽ( ´ ▽ ` )ノ

-----------------------------------------------------------------
『コード奏法で楽しもう!』の趣旨

(12月1日時点では、まだ完結していませんが)
“コード奏法講座”を通じて“コード奏法”を身につけて、音楽をもっと自由に楽しもうというブログです。
“コード奏法講座”以外には、個人的な日記を付けていく予定です。
“コード奏法講座”の完結後も、色々な方向に発展させられると良いなと考えています。

『コード奏法で楽しもう!』を作った理由

以前、ネットの掲示板で
お金をかけずに短期間で、ピアノでコードが弾けるようになりたい
という旨の書き込みを目にして、コード奏法に関するサイトさんを紹介しようと探しました。

しかし、見つけたサイトさんは、コードの仕組みを楽典に出てくる音楽用語を多く用いて説明しているものがほとんどでした。
もちろん、音楽理論を学びたいと言う人にとっては、とても有益なサイトさんなのですが…。

どうしても、コード奏法のみができれば良いという人にとっては必要のない知識も割と多かったりします。
そこで、最近ちょうどコード奏法にお世話になっていた僕は、その掲示板の件を思いだし
解説する内容を“コード奏法”だけに絞ったものを作ってみようと思ったのが
『コード奏法で楽しもう!』を作ったきっかけです。

どうせ作るならブログを始めてみたかったのもあって
“コード奏法”という言葉を入れたタイトルのブログとして始めました。


“コード奏法講座”の特徴

音楽理論書に出てくるような用語を最小限におさえて
「ここまでゆっくり解説するか?」って程少しずつ内容が進んでいきます。

音楽理論書ではほんの数ページに当たる内容を、数十回に分けてやっていっているので
コードを知らないと言う方でも“コード奏法”に必要な仕組みがわかるようになっています。

なぜなら、コードの仕組みを全く知らなかった僕自身が独学で色々やってるうちに
「こうやって教えてくれるサイトがあれば、コード奏法がもっと早く出来るようになってたはずなのに!」
と感じた方法で内容を書いているからです。

ですから、コードがよくわからないという方の気持ちも十分わかっているつもりです。
「コードの仕組みを知りたいけど、音楽理論書は読む気がしない」という方に特に見て欲しい内容になっています。

-----------------------------------------------------------------

講座に入る前に最低限必要な知識として「ト音記号」「音符・休符」「拍子・小節」があります。
初めての方は〔講座の基礎知識〕からどうぞ。

もうご存知の方は “〔目次〕コード奏法講座” か “〔第1回〕コード奏法講座スタート!” から一緒に頑張りましょう!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://letschord.blog35.fc2.com/tb.php/31-3275bf6c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。