--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.09

〔第3回〕鍵盤と音名

オルガン先生「第3回では鍵盤を使って音名を確認していくよ」

ピアニカくん「えー?また音名やるのー…」


オルガン先生「まあ、そう言わずに、今回は前回覚えたアルファベットのドレミが役に立つんだ」

ピアニカくん「一応覚えたよ、ラからラシドレミファソラっていったらABCDEFGになるんでしょ?」

オルガン先生「その通り!下の鍵盤のモデルを使って、どこがどの音名なのかを見ていこう」


keydoremi.jpg



ピアニカくん「ねぇ、先生前から思ってたんだけど…」

オルガン先生「ん?なんだい?」

ピアニカくん「なんか画像がページのレイアウト崩してない?さすがにでかすぎると思うんだけど…」

オルガン先生「こ、これは…出来るだけ見やすくするためには仕方のないことなんだ!レイアウトを犠牲にしてもわかりやすさを重視するのがモットーだからね!」

スクロールして画像が見えづらくなった場合は、画像をクリックして新しいウィンドウでご覧下さい。

ピアニカくん「そんなの初めて聞いたよ、まあいいや、その代わり早くコード奏法教えてよ」

オルガン先生「ピアニカくんはせっかちだなぁ、だいぶ話がそれてしまったけど、とにかく上の鍵盤のモデルを見よう」

ピアニカくん「見てどうするの?」

オルガン先生「アルファベットのドレミが鍵盤ではどこになるのかを実際確かめて欲しいんだ」

ピアニカくん「なーんだ、それだけ?結構簡単だね」

オルガン先生「簡単なら良かった。鍵盤のどこがどの音名なのかを覚えておいてね、これからとっても大事になるから」

ピアニカくん「ボクだってドレミくらい弾けるから、大丈夫だよ」

オルガン先生「じゃあ、今回はここでおしまい。この後も鍵盤の音名は出てくるから、頭に入れておこう!」
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://letschord.blog35.fc2.com/tb.php/4-aa5a0ee9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。