--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.09

〔第4回〕♯と♭について

オルガン先生「第4回目は♯(シャープ)と♭(フラット)についてだよ」

ピアニカくん「あれ?鍵盤の音名の話はどこにいったの?」



オルガン先生「あれ以上鍵盤の話を続けるには、♯と♭について知っておく必要があるんだ」

ピアニカくん「遠回りはしたくないから、短めに終わらせてね」

オルガン先生「ピアニカくんのやる気次第だよ。よく考えれば簡単なことだから表をよくみよう」

ピアニカくん「えー、ここまで説明して来て生徒にプレッシャーかける気??」

オルガン先生「とにかく、♯と♭の意味について確認しておこう」


keysf.jpg


ピアニカくん「あ、そうそう、こういう意味の記号だった」

オルガン先生「鍵盤の方も見て欲しいんだ。“半音上げる”とかの“半音”っていうのは、鍵盤では隣り合っている黒い鍵盤も含めた鍵盤同士の関係を言うんだよ」

ピアニカくん「だから、灰色の点線で“半音”って書いてあるやつのことでしょ?」

オルガン先生「そうだよ。黒い鍵盤も含めたっていうのがポイントなんだ。次は赤い点線に注目してみよう」

ピアニカくん「“半音上げる”とか“半音下げる”とか書いてあるけど…見たまんまじゃないの?」

オルガン先生「うん、見たまんまだね。“半音上げる”というのは鍵盤の高い音が出る方に一つ上がるということで、下げるはその逆だよ」

ピアニカくん「それで…?案外簡単だなぁ」

オルガン先生「今回はこれでおしまい。次回はまた音名が出てくるから思い出してみてね」

ピアニカくん「音名またやるの~…」
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://letschord.blog35.fc2.com/tb.php/5-707a687d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。