--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.09

〔第5回〕♯と♭と音名について

ピアニカくん「先生ー!」

オルガン先生「なんだい?」



ピアニカくん「一体いつになったらコードの話がでてくるんですかー?」

オルガン先生「今回の講座が終わって、鍵盤の音名を覚えたらコードの話に入るからもう少しの辛抱だよ」

ピアニカくん「鍵盤の音名ってABCDEFGのやつのことでしょ?もう覚えたんだけど」

オルガン先生「それは白い鍵盤についている名前だったね。黒い鍵盤のアルファベットはまだ覚えていないよね」

ピアニカくん「あ…。黒い鍵盤も覚えないといけないのか…。面倒くさいなー」

オルガン先生「そこで、さっきの話が役に立つんだ。さっきの♯と♭の話を思い出してみよう」

ピアニカくん「“半音上げる”とかの話でしょ?」

オルガン先生「そうだよ。さっき話していたように♯と♭の意味を思い出して、もう一度下の鍵盤を見てみよう」

keyhanon2.jpg


ピアニカくん「なんかごちゃごちゃしてる」

オルガン先生「これでも、見やすいように工夫したんだ!なんとか我慢しよう、コードまでもうちょっとだから!」

ピアニカくん画像のことになると先生なんだか必死だなぁ(ボソ)

オルガン先生「はい、注目!!前回の鍵盤と違うのはアルファベットが書いてあることだよ」

ピアニカくん「アルファベットに♭とか♯がついてる」

オルガン先生「うん、まずは右側から見ていこう」

ピアニカくん「F♯って書いてあるけど…」

オルガン先生「その隣にFって書いてあるよね。Fに♯をつけて“半音上げた”のがそのF♯だよ、上に赤い点線で“半音上げる”ってかいてあるよね」

ピアニカくん「じゃあ、その横のAも同じ感じ?」

オルガン先生「同じだよ。Aを“半音下げる”とA♭だね。また、Gを“半音上げる”とG♯なんだ」

ピアニカくん「あ、A♭とG♯は結局同じ鍵盤って言うことでしょ?」

オルガン先生「その通り!A♭とG♯は呼び方は違うけども同じこと指しているっていうことだね」

ピアニカくん「普通はどっちの呼び方を使えばいいの?」

オルガン先生「実はどっちを使うかという話になると少しややこしい話になるので、とにかくA♭もG♯結局同じものを指しているということだけ知っていればOK!」

ピアニカくん「わかったよ、それで結局黒い鍵盤の名前はいつ覚えられるの?」

オルガン先生「今回はここでおしまいにしよう。黒い鍵盤の名前は次回にやるから、今回の♯と♭がついた音名についてもう一度確認しておいてね」
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://letschord.blog35.fc2.com/tb.php/6-b5fabd79
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。