--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.10

〔第8回〕コードの仕組み

オルガン先生「今回からコードの仕組みについてやっていくよ」

ピアニカくん「仕組みってまた面倒くさそうな響き…」


オルガン先生「やっとみると意外と簡単だなって感じると思うよ。とりあえず始めよう」

ピアニカくん「先生、今回は話の展開が早い」

オルガン先生「少し画像を多く使うから、なるべくスペースをとらないようにと思って」

ピアニカくんじゃあ、画像のサイズをちっちゃくすればいいんじゃ…(ボソ)

オルガン先生「とにかく!始めるよ!ピアニカくん、コードが和音を簡単に表したものと言うことは覚えているよね?」

ピアニカくん「うん、この前やったやつでしょ」

オルガン先生「前回は、コードは和音を簡単にしたものって言ったけど、コードには基本の形があるんだ」

chordkihon.jpg

ピアニカくん「これってこの前のドミソと一緒じゃない?」

オルガン先生「そう、3つの音符が一段ずつ重なっているよね。これを基本にして考えるとコードはとってもわかりやすいんだ」

ピアニカくん「でも、楽譜に書いてある音符をみて考えるのってつまらないなぁ」

オルガン先生「そう言うと思ったよ。今度は、実際に鍵盤ではどう押さえるのかで見てみよう!」

keydomiso.jpg

ドミソの和音を聴く

ピアニカくん「また突然でっかい画像だねぇ」

オルガン先生「ピアニカくん、画像の大きさについてはそろそろ慣れて欲しいな」

ピアニカくん「わかったわかった、あんまり大きいから思わず画面に指を当てそうになっちゃったよ」

オルガン先生「おお!ピアニカくんが珍しく良いことをいった!実際に鍵盤が確認できるのが理想だけど、画面上でも指の形のイメージはできるでしょ?」

ピアニカくん「まあ確かにそうかもね。でもボクは、当てそうになっただけで当ててはいないからね」

オルガン先生「別に本当に当てる必要はないよ、ただ手の形がイメージできればOK。本物の鍵盤が近くにあったら必ずそっちでも確認してみてね

ピアニカくん「手はどっちの手でもいいの?」

オルガン先生「コード奏法は右手でメロディをひいて、左手でコードを弾くんだ。だから、なるべく左手で押さえるイメージに慣れよう」

ピアニカくん「右手じゃダメなの?」

オルガン先生「慣れないうちは右手でも良いけど、コード奏法をするには結局左手を使うことになるから、左手の指の形に慣れておくほうが後々楽になるんだ」

ピアニカくん「じゃあ右手と左手の両方ともできたら、もっと役にたつ?」

オルガン先生「弾き語りにはいいかもね。両手を使ってコード見て伴奏して、自分でメロディを歌うんだ。でも弾き語りは左手だけでも十分できるよ」

ピアニカくん「じゃあ、両手で弾き語りをやる意味は何なの?」

オルガン先生「両手の弾き語りは、コードを見て左手でベース音、右手で和音というパターンが多いんだ。つまり、両手で弾き語りするとちょっと豪華な伴奏になるってことだよ」

ピアニカくん「別に豪華じゃなくてもいいんでしょ?」

オルガン先生「それは、弾き語りをする曲にもよるけど、必ずしも両手でやる必要はないってことを知っていれば大丈夫。話が少しそれたから戻そう」

ピアニカくん「何の話だっけ?」

オルガン先生「鍵盤を押さえる手の形をイメージするっていう話だよ。まずはドミソの和音を左手で押さえて確認してみよう」

ピアニカくん「ああ、そうだった。鍵盤の押さえ方に決まりとかはあるの?」

オルガン先生「上の鍵盤のモデルの赤い丸を押さえるイメージで指の形を作ってごらん」

ピアニカくん「普通に置くだけでしょ?」

オルガン先生「そう、“”を“小指”、“”を“中指”、を“親指”で押さえればいいんだ」

ピアニカくん「うん、そんな感じになってるよ」

オルガン先生「それならOK!今回はここでおしまい。“コードの基本の形”と“ドミソの和音の押さえ方”を確認しておこう」
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://letschord.blog35.fc2.com/tb.php/9-0e80a897
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2011.04.18 11:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。